【発達障害】学習障害(LD)セルフチェックシート(大人版)

<注意事項>
本チェックシートはあくまで主観的な検査に過ぎず、
LDの可能性の有無を簡易的に示唆する目的で作成されたものであり、
LD以外の病気の可能性の有無について、いかなる示唆を与えるものでもありません。
また、直接の面談を含む医師による診断の代わりになるものではありません。
医学的知見をもとに確実にLDであるかを判断するには医師の診断が必須となります。
そのため、この健康チェックは、症状や結果を保証するものではありません。
参考程度に留め、気になる症状があった場合は早めに適切な医療機関
(子どもなら小児科、大人であれば精神神経科)にご相談下さい。

※このチェックリストの結果により、万が一、利用者が不都合、
 不利益をこうむった場合でも、当ブログはいずれもその責を負わないものとします。

また、医学的な分類では学習障害(LD)は以下の3種が存在していますが、
総称して、「限局性学習症・限局性学習障害」と診断されます。

・読字障害(ディスレクシア)・・・・・・読みの困難
・書字表出障害(ディスグラフィア)・・・書きの困難
・算数障害(ディスカリキュリア)・・・・算数、推論の困難

以下のチェック項目に対して、
半年以上に渡って、該当する場合は、チェックしてください。
※「年齢に見合った動作・判断ができているか」もチェックポイントとなります。


スポンサーリンク

チェック項目:聞く・話す・書く・読む

□ 上司の注意を聞いてもうまく理解できず同じ失敗をする
□ 電話で聞きながらメモを取れない
□ 集団で指示されるのが苦手で会議で辛い思いをする
□ 発音が正確でない
□ 文字や単語、文章を読むときに正確でなかったり速度が遅かったりする
□ 単語を読み間違えたり、ためらいながら読み上げる
□ 当てずっぽうで読むことがある
□ 読んで意味を理解することが難しい
□ 文章が正確に読めていても文章に登場するものの関係性や意味が理解ができていない
□ 文字を書くことが難しい
□ 文字の一部分を付け加えたり、入れ忘れたり、置き換えたりすることがある
□ 文章を書くことが難しい
□ 文法や句読点を複数間違える
□ 段落ごとに内容がうまくまとまっていない
□ 伝えたいポイントが明確でない
□ 話がうまくまとめられず企画案を作成できない
□ レポートが書けない

チェック項目:計算する・推論する

□ お釣りの計算や金銭管理ができない
□ 数の概念、数値、計算を学ぶことが難しい
□ 計算の途中で迷ってしまい別の方法に変える
□ 数を使って推論することが難しい
□ 1桁の足し算を暗算でなく手の指を折って数えてしまうことがある
□ 十五を105といったように書いてしまうことがある
□ 数の大小を比較したり、順序通りに並べることができないことがある
□ 繰り上がり、繰り下がりのある計算ができないことがある
□ 引き算が苦手
□ 数を覚えるのに時間がかかることが多い。
□ 九九を習得している年齢なのにも関わらず、九九を覚えられていない。
  九九を暗記しても計算に応用できない。
□ 時計が読めない、時間が分からない
□ 筆算をするときに数字がずれて間違えてしまう
□ 計算はできるが、文章問題が解けない
□ 図形関連の問題が解けない
□ 年齢相応の数の意味や表し方が理解できない(分数の分母や分子の比較etc)
□ 簡単な暗算ができない
□ 計算にとても時間がかかる
□ 電話番号などの数字の羅列の暗記が苦手
□ 計算式を理解するのが困難
□ 2つ以上の式を用いて解くような複雑な問題が解けない
□ 「昨日」「今日」「早い」「遅い」など、時間の概念を表す言葉が理解できない
□ 長さ(時間、距離)や重さを比較できない
□ 図形を模写できない
□ 抽象的な概念が理解できない
□ 図形の展開図や見取り図が理解できない
□ 1m=100cmなどの単位換算が分からない
□ 早とちりや思い込みが激しい
□ 目的に沿って行動を計画したり、必要に応じてそれを修正することが難しい
□ 原因と結果についての因果関係を理解できない
□ 臨機応変に対応するのが苦手
□ 量の比較をするのが困難

まとめ

本チェックシートは大人版であり、18歳以上の方は、

自分自身の苦手分野をよく理解している為、子ども版と比べて

質問事項が少なめとなっています。

自分自身を振り返り、チェックシートと比較してみてください。

ただし、子ども版でも記載していますが、一度や二度程度、

チェックシートに記載された項目の行動を起こしたとしても、

即座に学習障害(LD)と判断するべきではありません。

重要なことは、このような行動を半年以上継続して続けていた場合です。

その場合はLDの「限局性学習症・限局性学習障害」である

以下のいずれかである「可能性」があります。

・読字障害(ディスレクシア)・・・・・・読みの困難
・書字表出障害(ディスグラフィア)・・・書きの困難
・算数障害(ディスカリキュリア)・・・・算数、推論の困難

気になった方は早めに適切な医療機関(大人で精神神経科)にご相談下さい。

引用:大人のLD(学習障害)


スポンサーリンク