【発達障害】ADHD セルフチェックシート(大人版)

<注意事項>
本チェックシートは18歳以上を対象としたチェックシートとなります。
本チェックシートはあくまで主観的な検査に過ぎず、
ADHDの可能性の有無を簡易的に示唆する目的で作成されたものであり、
ADHD以外の病気の可能性の有無について、いかなる示唆を与えるものでもありません。
また、直接の面談を含む医師による診断の代わりになるものではありません。
医学的知見をもとに確実にADHDであるかを判断するには医師の診断が必須となります。
そのため、この健康チェックは、症状や結果を保証するものではありません。
参考程度に留め、気になる症状があった場合は早めに適切な医療機関
(大人であれば精神神経科)にご相談下さい。

※このチェックリストの結果により、万が一、利用者が不都合、
 不利益をこうむった場合でも、当ブログはいずれもその責を負わないものとします。


スポンサーリンク

大人用ADHDチェックシート【全般編】

各チェックシート別の項目について、半年以上に渡って、

次の項目に該当する場合は、チェックしてください。

□ 物事を行なうにあたって、難所は乗り越えたのに、詰めが甘くて仕上げるのが
  困難だったことがよくある
□ 計画性を要する作業を行なう際に、作業を順序立てる事が困難だったことがよくある
□ 約束や、しなければならない用事を忘れることがよくある
□ じっくりと考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、
  遅らせたりすることがよくある
□ 長時間座っていなければならない時に、手足をそわそわと動かしたり、
  もぞもぞしたりすることがよくある
□ まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、
  何かせずにいられなくなることがよくある
□ つまらない、あるいは難しい仕事をする際に、不注意な間違いを
  することがよくある
□ つまらない、あるいは単調な作業をする際に、注意を集中し続けることが、
  困難なことがよくある
□ 直接話しかけられているにもかかわらず、話に注意を払うことが
  困難なことがよくある
□ 家や職場に物を置き忘れたり、物をどこに置いたかわからなくなって
  探すのに苦労したことがよくある
□ 外からの刺激や雑音で気が散ってしまうことがよくある
□ 会議などの着席していなければならない状況で、席を離れてしまうことがよくある
□ 落ち着かない、あるいはソワソワした感じがよくある
□ 時間に余裕があっても、一息ついたり、ゆったりとくつろぐことが
  困難なことがよくある
□ 社交的な場面でしゃべりすぎてしまうことがよくある
□ 会話を交わしている相手が話し終える前に会話をさえぎってしまったことがよくある
□ 順番待ちしなければならない場合に、順番を待つことが困難で有ることがよくある
□ 忙しくしている人の邪魔をしてしまうことがよくある

大人用ADHDチェックシート【項目別:衝動編】

□ 後先考えずに、行動・決断してしまうことがよくある
□ 人がしゃべっている時でも、つい発言してしまうことがよくある
□ 喋りが長くなりやすく、喋り過ぎと言われることがよくある
□ 思ったことをすぐに口にしてしまうことがよくある
□ 衝動買いをしてしまうことがよくある
□ 会議中に不用意な発言をしてしまうことがよくある
□ 周りに相談せずに、独断で重要なことを決めてしまうことがよくある
□ 言いたいことを我慢してイライラすることがよくある
□ ささいなことでもつい怒ってしまうことがよくある
□ 衝動的に、人を傷つけるような発言をしてしまうことがよくある
□ 車を運転中に無理な追い越しを繰り返すことがよくある
□ 人の言いかけたことを代わりに完結させてしまうことがよくある

大人用ADHDチェックシート【項目別:多動編】

□ 何時間も同じ作業をするよりも、10分や20分など短い時間で
  複数の作業をする方が楽と感じることがよくある
□ 同じことを繰り返し長い時間するとミスが多くなることがよくある
□ 貧乏ゆすりなど体の一部分が揺れがちで、かつ揺れていると落ち着くと
  感じることがよくある
□ 1対1で話していても相手の話についていけないことがあったり、
  他のことをついつい考えてしまうことがよくある
□ 落ち着かずにじっとしていられないことがよくある
□ 会議中や仕事中に落ち着かず、そわそわしてしまうことがよくある
□ 家事をしているのに、別のことに気を取られてしまうことがよくある
□ おしゃべりに夢中になって家事を忘れてしまうことがよくある
□ 自分のことばかりしゃべってしまうことがよくある
□ おしゃべりを始めると止まらないことがよくある
□ 他者の目からは落ち着きのない人、じっとしていられない人と見られることがよくある
□ 話すことに夢中で聞くことを忘れてしまうことがよくある


スポンサーリンク

大人用ADHDチェックシート【項目別:不注意】

□ 大事な授業や会議でも集中できず、時には寝てしまうことがよくある
□ 注意していても、何かをし忘れたり、何かをし間違っていることがよくある
□ 物にぶつかったり壊したりすることがよくある
□ 忘れ物、無くし物をしがちである
□ 会議や仕事に集中できないことがよくある
□ 人の話を集中して聞けないことがよくある
□ 自分がやりたいことや興味のあることに対しては集中しすぎて
  切り替えができないことがよくある
□ 仕事などでケアレスミスをすることがよくある
□ 仕事の締め切りに間に合わないことがよくある
□ 部屋が片付けられないことがよくある
□ 家事や金銭の管理が苦手である
□ 時間管理が苦手である
□ 外出の準備が間に合わないことがよくある
□ 仕事や作業を順序だてて行うことが苦手である
□ 約束やすべきことをメモをしていても忘れてしまうことがよくある
□ 約束の時間に間に合わないことがよくある
□ 二つ以上の仕事や作業をこなそうとすると、どうしても両方とも
  中途半端になってしまうことがよくある
□ 二つ以上の仕事や作業をこなそうとすると、どちらかをすっかり
  忘れてしまうことがよくある

まとめ

子ども版のチェックシートより大人版のチェック項目が少ないのは、

18歳以上になると、一般的にADHDの症状が子どもの時より落ち着く傾向がある為、

数多くの確認事項で確認する必要がなく、ADHDであるか否かの確認が取りやすいためです。

※幼児や低学年の場合、子どもの主観的な意見はADHDの判断材料として

 あまり期待出来ないため、数多くの確認事項で客観的に判断するしかないためです。

子ども版でも記載しておりますが、ADHDの判断として重要なことは、

上記に記載された行動が半年以上継続して続けられていた場合です。

その場合はADHDである「可能性」があります。

気になった方は早めに適切な医療機関(大人であれば精神神経科)にご相談下さい。

引用:大人のためのADHD.co.jp 成人期のADHDの自己記入式症状チェックリスト(ASRS-v1.1)
   Kaien 大人の発達障害 チェックリスト


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする