ADHD(注意欠陥多動性障害)とアスペルガー症候群の違いとは?

ADHD(注意欠陥多動性障害)とアスペルガー症候群の症状は結構似ており、

一般的なお医者さんでも見分けることが難しく、専門医が複数のテストを実施した結果で、

はじめて「あなたは●●です」という感じで障害名がわかります。

また、ADHDとアスペルガー症候群(主に広汎性発達障害)が併発した場合は、

医学的には「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれ、診断結果としても

この名前が使われるようになりました(私の子もこちらに該当しています。

ということで、最初に結論を言ってしまいましたが・・・・、

「違いは分かりにくい」だけで、「こっちぽい」という判断はできますので、

その判断材料として見ていただければと思います。

※詳細を確認したい場合は、必ず発達障害が受診可能なクリニックや

 病院にいくようにしてください。


スポンサーリンク

 

Difference:対人関係について

★ADHD

簡単なミスや遅刻、大切な約束を忘れてしまうといったことが多いです。

相手と会話をしても衝動を抑えることが出来ないため、自分だけ喋りすぎてしまうことが

よくあります。なお、アスペルガー症候群とは異なり、相手の表情や言葉から

その人の気持ちを汲み取ることができます。

★アスペルガー症候群

相手の話している意味や気持ちを汲み取ることが出来ないため、失礼な態度や

発言をしてしまい、トラブルになることがあります。

また、相手の嘘や悪意も分からないため、騙されがちです。

特性上、会話のキャッチボールが苦手なので、良い対人関係を築くことも難しいです。

Difference:集中力の持続について

★ADHD

興味・関心があることに対しては集中することが可能ですが、多動であるため、

長時間集中することが出来ません。

また、別のものが目に入ると、直ぐに集中力が切れ、意識がそちらに移動してしまいます。

★アスペルガー症候群

ADHD同様、興味・関心があることに対しては強いこだわりを見せ、何時間でも集中して

作業することができます。

ルーティンワークなどの画一的な作業で、この能力は非常に強く出ます。

Difference:整理整頓や順序立てについて

★ADHD

物事を順序立てて行うことが苦手であるため、整理整頓といった片付けについても苦手です。

また、多動の影響で、整理整頓中に出てきた色んなものに気を取られ、

結局整頓できずに出しっぱなしになることがよくあります。

★アスペルガー症候群

片付け自体は苦手ではありませんが、物を捨てることを極端に嫌がります。

基本的に、整理整頓というよりは自分が決めたルールというこだわりに従って物を

配置しているため、置いた場所が変わると落ち着かなくなってしまいます。

Difference:運動能力面について

★ADHD

個人差はありますが、基本的に運動が苦手ということはとくにありません。

★アスペルガー症候群

身体を動かすことが苦手で、特に野球やサッカーなど球技は嫌いな傾向が強いです。

さらに、手先が不器用で細かな作業が苦手だったり、身体の動きがカクカクしていて、

ロボットのようだと指摘されることもあります。

また、他の人とコミュニケーションをとることが困難なので、サッカーや野球などの

チームスポーツに苦手意識を持つ人もいます。

Difference:計画立案や計画的作業について

★ADHD

作業を順序立てる事が困難である為、計画的に何かを行うことがとても苦手です。

また、時間の管理も苦手である為、スケジュールの管理も得意ではありません。

★アスペルガー症候群

計画を立てる上での他の人との調整事は苦手ですが、計画を予定通り変更無しで

進めて行動することは可能です。

ですが、計画外の自体や急なスケジュール変更については対応することが困難です。

Difference:一般的な仕事について

★ADHD

二つ以上の仕事や作業をこなそうとすると、どちらかをすっかり忘れてしまうことが

よくあります。また、不注意、衝動性の症状によってケアレスミスが多くなりがちです。

会議や仕事中なども集中できないことがよくあったり、

仕事を先送りにしてしまうこともあるので、約束の時間に間に合わないことがよくあります。

★アスペルガー症候群

決まり決まったルーティン作業であれば問題なくできますが、複数の作業が一度に来ると、

パニックになったりします。また、仕事を依頼する時は、具体的な指示を出さないと、

作業の期限を守れなかったり、やり方を間違えたりすることが発生します。

Difference:感覚に対する強いこだわりについて

★ADHD

ADHDだけの状態であれば、それほど強くこだわりを見せることはありません。

★アスペルガー症候群

偏食がひどかったり、音に敏感な聴覚過敏など、「感覚過敏」の症状が多く見られます。

それ以外にも、一度興味を持ったことに対しては、時間を忘れるほど、

のめり込むといった強いこだわりを見せます。

まとめ

確かにADHDとアスペルガー症候群は似た部分が多くあります。

文面だけでみれば見分けられそうですが、人の数だけ障害の軽い重いが有る為、

最初に行ったとおり、判別は非常に難しいです。

もし、今回挙げたような症状が半年程度、継続して発生し続けているのであれば、

発達障害の可能性は否定できませんので、勝手な思いこみで自己診断するのではなく、

キチンとした医療機関で診察することをおすすめします。


スポンサーリンク